※ドクターレクラム 販売終了のお知らせ※

コンテンツ

スキンケアの基本!クレンジング特集

スキンケアの基本は落とすこと!クレンジング特集





スキンケアの一番の基本はまず落とすこと。メイク汚れや皮脂汚れが残った状態では、後にいくら化粧水や美容液をつけても、意味がありません。
お肌や毛穴に残った汚れは酸化して黒ズミになったり、肌のトラブルを引き起こします。
また、日焼け止めだけだから、と洗顔だけにしてしまうと、近年の強い日焼け止めは落としづらい為、お肌に残ってしまうこともあります。
丁寧にクレンジングをして、スキンケアをする為のベースをしっかり作りましょう!




●クレンジングの選び方

日々のメイクはどの程度されますか?日焼け止めのみ、BBクリームやCCクリームなどを追加、パウダーファンデーション、ウォータープルーフタイプのファンデーション、おしろいなど、メイクの状態は十人十色。クレンジングは、メイクに合わせてお選び頂くのが一番です。オンとオフでメイクを大幅に変える場合には、メイクに合わせてクレンジングを用意するのがおすすめです!




●クレンジングの種類

クレンジングの種類と言えば、ひと昔前までは、クリーム、オイル、ミルク、位だったのが、最近ではバーム(固形状)やジェル、リキッド、ふき取りシートなど様々な種類が出ています。

  • クリーム  クレンジングクリームやコールドクリームと呼ばれるメイク落とし。しっかりとメイクを落としながら、マッサージもする、というものも。
  • オイル  メイクを落とす力が非常に強いのがクレンジングオイル。オリーブやホホバなど植物油をベースにしたものもありますね。
  • ジェル  クレンジングジェルは、オイルほどの落とす力はないですが、成分によってはメイクをしっかり落としてくれます。
  • リキッド  水状のものをそのままメイクになじませて落とすものや、コットンなどに浸して使うタイプなども。
  • ミルク  滑らかでオイルやリキッドに比べると、落とす力は弱め。乾燥が気になるお肌などにはこちらがおすすめ。
  • バーム  最近増えたのがこちら。柔らかめの固形状で、肌の上で溶かします。オイルとジェルの間のような使用感のものが多い印象です。
  • シート  手早く、外出先などでの化粧直しや、帰宅後すぐにメイクを落としたい方におすすめです。擦り過ぎないようにしましょう。


番外編 ポイントメイクリムーバー ウォータープルーフのマスカラやアイライナーなどをきちんと落とすために作られたもの。アイメイクをしっかり目にする方は、できればポイントメイクリムーバーを使用した上で、お顔全体のクレンジングをするほうが、お肌への負担は軽くなります。
どのクレンジングを使用するかはお好みですが、落とす力が強いもの=お肌への負担もそれなりにある、ということ。
慎重に選びたいですね!




●クレンジングのコツ

●擦り過ぎ注意
ついつい、濃いメイクを落とすためにごしごしと擦り過ぎてしまうメイク落とし。これでは肌が傷ついてしまいます。
しっかりとメイクに馴染ませないと!と思うあまり、指先や手のひらに力が入り過ぎてませんか?
優しく、労わるようになじませて下さいね!
 
●必ずメイクしたその日に落とす
また、メイクは必ず当日のうちに落としましょう!お肌の上で油が酸化して、お肌がダメージを負うなんて嫌ですよね!

●すすぐ際は、「ぬるま湯」で!
これは、洗顔でも必ず言われることですが、冷水や熱すぎるお湯はお肌に良くありません!
あったかい、と感じる温度では少し高すぎる可能性も。ぬるすぎるかな、という位の温度ですすぎましょう。





エステで使用の大容量クレンジングジェル

敏感肌に!W洗顔不要のクレンジングミルク

オイリー肌に!W洗顔不要のクレンジングジェル

シルク由来の乳化剤を使用!








ブランド一覧


カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 配送休業日

営業時間:平日10時~18時
休業日:土曜日・日曜日・祝日
※注文は24時間承っております。

平日12時までのご注文は即日発送致します。

ページトップへ